アルコールが「4つ星」の納得価格!

おいいいです。調味料に使用している私にとってはブームで品薄は困るなー甘酒は国菊が一番です。もうちょっと粒々でもいいかな…と思うし、もうちょっと麹の香りが強くてもいいと思います。

早速ご紹介♪

2017年06月24日 ランキング上位商品↑

アルコール国菊 発芽玄米 あまざけ(玄米甘酒) 720ml【楽天24】[国菊 甘酒 あま酒 あまざけ 玄米甘酒 麹 ノンアルコール]【HOF19】

詳しくはこちら b y 楽 天

アルコールが苦手なので!甘酒も苦手でしたが!こちらはノンアルコールでお味も美味しいです。むしろありがたいです。 偶然!このサイトでリーズナブな価格で売っているのを見つけ!思わず買ってしまいました。こんなに美味しくてそのうえ身体にいいなんて素敵なドリンクだな。また、ほしいでーす。■結果、味は”米麹だけのもの”とほとんど変わらず、とてもおいしいです。ポイントもうれしでーす。玄米が混ざっていることによる違和感もありませんでした。濃くがあるし甘さもたっぷりあるので 私は海水塩をひとつまみ入れて お湯割りで飲んでいます。玄米のツブツブも私は好きです。そのままでももちろん!朝食に粉末青汁を混ぜて飲んだりしてます。むしろ!玄米100%で造られた(←本当に作れるのだろうか(笑))甘酒を体験してみたいと思ったほどです。豆乳と混ぜて温めて、飲んでいます。私の場合は生来の甘いもの好きが幸いしたのか、悪い印象を持つには至りませんでした。。甘酒は苦手ですが、これはクセがなくて飲みやすかったです。こちらの価格はありがたい。またリピしたいです。■私の飲み方は!「豆乳オレ」です。テレビで取り上げられてしまったのでやや入手困難になってしまいうれしいような悲しいような感じですが、良い意味でのドロドロ感がやみつきです。こんなにはやるなんて、びっくりです。あまたある甘酒のなかでナンバーワンだと思っています。 個人的には!つぶつぶが残っていて!この玄米甘酒が1番のお気に入りです。 飲み方は、ストレートでもいいですが、豆乳で割って、生姜(チューブでOK)を少し入れて飲むと、美味しいです。甘酒もいろいろありますが!玄米入りのこの甘酒!美味しかったです。なぜかしら幼少の頃を思い出し!甘酒を飲みたくなってしまいました。甘酒は元々好きですがこの国菊の発芽玄米甘酒が一番好きです。上品な味でくせがなくおいしいです。辛すぎる甘すぎるは多分に主観的な身体的反応です。少し玄米が口に残りますが、逆にそれが体に良さそうで気になりません。なるほど、「甘すぎる」と仰るレビュアーさんのお気持ちやご意見がわかりました。そこで!この商品を選択し!飲んでみました。たしかに私が昔に飲んだ「甘酒」の舌に残る記憶と比べても、この『国菊』はちょっと甘過ぎるかな、と思いました。私は全然問題ないので美味しく飲めてます好き嫌いがあると思いますがかなり米のカスが残るのでサラッと飲みたい方には向いてないかもしれないです私は飲むって言うか食べてる感で満腹感も感じられるのでお気に入りです色々飲み比べてますが正直これは違うって程の大きな違いはなくどれも似たような感じかななので後は『米か玄米か雑穀』自分の好みの問題ですね同じ国菊の有機甘酒と比べると少し味が濃い?と表現するのが良いのか...少しだけ癖があるような?と表現するのが良いのか...牛乳で割って飲むとそれほどの違いは無いので玄米でものみやすいです(^^♪パンケーキのシロップ代わりにしても美味しくいただけました薄めずにそのままで美味しくいただけます。甘みは強いのですが、スッキリです。どの甘酒もそうですが!多少甘みを強く感じるので少しだけお水を足して温めていただきます。ただガラス瓶なので持ち帰りが大変だなと思って!こちらでいただくことにしました。豆乳に少し入れて飲んでいますが!朝体がホカホカしていい感じです。 何と翌日には!200本以上あった在庫が!ゼロになっていました。ほんとうに美味しい。常温保存出来るので継続して飲み続けるには 助かります。とてもおいしかったです。※酒粕だけの甘酒はまずい・・・。甘酒が体に良いと聞き、最初は店頭で買い求めました。最近売り切れで買えないから困ります。甘酒昔から好きです。コストパフォーマンスが高い、とまでは言えませんが。■(酒粕ではなく)米麹の甘酒のおいしさに取りつかれ、炭水化物が出来るだけ少ない商品を探していたら、当商品を見つけた。 迷わず買っておいてよかったです。■「飲む点滴」と言うわれる甘酒。紅茶にいれていただくのが好きです。主人も美味しいと飲んでいるので直ぐになくなりそうです。レビュー通り美味しく頂けました。私は主観的に!この商品は味と値段のバランスが整っているな!と思いました。今甘酒ブームのようで、この商品は以前から飲んでいるのですが、最近はどの店舗でも在庫がなく、たとえあったとしても、値段が高く、買うのを控えていました。